2011年10月15日

お城わいわい会議

久々のブログ更新です。
前回催した物見やぐらの写真、完成後の写真を下記の保存場所からご覧ください。Yさん勝手に借用しています。この写真集は、櫓のある和留沢でのそば蒔き体験の様子も写っています。来月には収穫祭をする予定です。

https://picasaweb.google.com/S.humboldti/110924?authkey=Gv1sRgCPe2sZ3E-9DGSQ

さてさて、直近の催し物のご案内です。
小田原城を木造で建て替えるために何をしたら良いか、わいわい、会議をしながら楽しく悪巧み?をしようという訳です。誰でも参加できます。下記案内からお申し込みください。

もういくつかアイディアが出ていますが、物見やぐらを今度は〇〇山に作ろうとか、あまり現実的に考えないで、思いつくままに、笑っちゃうようなアイディアを期待しています。

でも、出たアイディアの中で良いものは実行しますよ。

10月26日
小田原 清閑亭

お城わいわい会議111026-4.pdf
posted by 水土の考現者 at 05:38 | TrackBack(0) | 催しもの

2011年08月07日

8月28「日物見やぐらを作ろう!」

やぐらを建てるpdf.pdf

8月 「物見やぐらを作ろう!」のイベントの案内です。
小田原城を木造で建て替えようと、「小田原城普請の会」を立ち上げました。

伝統工法を身近なものに感じてもらうために、生きた樹にやぐらを組みます。
10年先を目標に動き出すプロジェクトの第1陣です。
親子での参加も可能です。

同時に「和留沢荒れ地再生プロジェクト」とそば蒔きも行います。

詳細はPDFを開いてご覧ください。

posted by 水土の考現者 at 16:33 | TrackBack(0) | 催しもの

2011年05月26日

飯館村他報告会!

20k圏内以外の人たちも危ない!飯館村だけでなく他の地域でも汚染度が高い地域があります。
又近くでも汚染度が低い地域もあり私たちには現状が良く分かりません。
避難した人、留まって農業をしている人、飯館村の現状と二人の被災者の話を聞きます。
明日のエネルギーも考えます

飯館村報告会 (1).pdf
posted by 水土の考現者 at 07:10 | TrackBack(0) | 催しもの

2010年03月15日

野焼き!

IMG_3076.JPGIMG_3071.JPGIMG_3069.JPG

 農の会主催の野焼きに初めて参加しました。写真のように作品を中央に積み上げたら周りに稲藁で囲み、その上から粘土を塗りつけるという方法で窯を作ります。薪は90センチぐらいの樫の類の木を敷き詰め炭なども適当に入れるだけで、驚くほど燃料の薪は少ない。これで本当に焼けるのかなと思うほどです。

 しかし、見事に焼き上がりました。21日に農の会の笹村邸で皆の作品を展示します。作品の展示の様子はまた報告します。

講師の陶芸家兼藤さんのブログ
http://chorori241.exblog.jp/
posted by 水土の考現者 at 19:14 | TrackBack(0) | 催しもの

2009年08月06日

エネルギーと環境を考える 

エネルギーと環境を考える ワークショップ 第2回(全5回)
あしがら地域のエネルギーをめぐる ぶらり ツアー

◎あしがらの「海、山、平野」について詳しくなろう!
◎地域の「風」の状況や、高低などの特徴を知って、獣害、竹の生育、高齢化、地域の色んな課題を話します。
◎さらに糸長先生の授業を受けて、それぞれの地区での資源活用アイディアを描いていきます。


ツアーコース
1、早川漁港〜石垣山一夜城跡
2、久野の里地里山指定地域 
3、バスから眺める城下町

(ガイド:岩越 他)



◆ 日時:8月30日(日)
集合場所・時間:バス 小田原駅西口9時50集合 出発10時
ツアー代: 2000円(お弁当代込み)
講演会:市民会館会議室14時00開始予定
(ツアーの進行により遅れる場合がございます)
※講演会のみ参加の方は参加費500円
※ワークショップ終了後、交流会を予定しています。(料金3000円程度を予定)
参加希望の旨を連絡頂けると幸いです。
主催:日本大学糸長研究室
共催:おだわらエネルギーかふぇ

※お問い合わせ・お申し込み:0465−22−1044(じんま:留守電・FAX)
j_viola2000jp@yahoo.co.jp
※当日連絡先:080−5484−1634(ささき)

□おだわらエネルギーかふぇは、2008年2月映画「六ヶ所村ラプソディー」上映に取り組んだメンバーの有志が立ち上げた「原発に頼らない暮らし方」をさまざまに提案していくグループです


posted by 水土の考現者 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 催しもの