2011年01月04日

お正月は2月3日?

 脱穀の記事以来の記事ですが収穫は反8.8俵と思った以上に取れました。土がまだできていないので味は最高!とは言えませんでしたがそれでも高温障害にもめげず、そこそこ美味しいお米ができました。
 
 ところで今日は旧暦のお正月についてです。この数年旧暦のお正月を迎えるようになってから現代(明治6年以来ですが)のお正月に違和感を覚えるようになってしまいました。何故なら、旧暦でのお正月の方が季節感があるからです。お正月に限らず他の歳時でも旧暦で行う方が理にかなっています。

農作業でも旧暦の暦に合わせた方がより的確な作業が出来ると実感しつつあります。

 例えば「迎春」と言いますが、この時期春を感じさせるものはわずかに水仙ぐらいでしょうか。しかし、約1ヶ月ずれる旧暦のお正月なら、まさに、「梅一輪一輪ほどの温かさ」を実感出来ます。
睦月と言う語源にも、稲籾をはじめて水に浸す月「実月(むつき)」が転じたと言う説があるらしいですが、まあちょっと早いような気もしますがそれでも今の1月に籾を水に浸けると言うことはありませんからあながちこの説を否定は出来ません。しかし、いずれにせよ2月も中旬過ぎるるともう農作業の準備は始めます。旧暦では小正月は15日満月に日なのです。旧暦ではこの15日までが「松の内」と言うことなので農耕人としてはここから仕事始めとすれば実に理にかなっていると言えます。

 月の暦は太陽の暦とづれますが昨年は一昨年閏月もあってことしより11日遅い正月でした。
そのため、私の田んぼ作業も一昨年より遅い作業になったのですが、田植えにしろ、稲刈りにしろ
他の田んぼよりとずっと遅いので大丈夫かなと心配もしました。でも、結果として今年の高温障害でも大きな被害が出ずにすんだと思っています。
もちろん棚田と言うこともあり水温が上がりすぎなかったことは最大の要因ではあったでしょうが、それでも中干しにしても稲刈りにしてもすべてタイミングが良かったと思っています。

まだまだ、月と生命の関係を解き明かすことは出来ませんが、今後も実証実験を意味はあるなと思っています。
posted by 水土の考現者 at 18:28 | TrackBack(0) | 雑記

2010年01月27日

農ではなく能の話

 今日、成り行きで能のレクチャーを受けることになった。自分の娘が中学生のころ能を学んでいて能楽堂で演じることがあり、それ以来能は身近とは言わないが別世界のものでもなくなった。しかし、まだまだ能の奥深さや面白さまでは至っていない。
 今日は能のワキ方である安田登氏の能の歴史と能の動きについてのレクチャーだったが、その分かりやすい説明に、より能の面白さが分かった。その中で一番面白かったのが能面の表情についてだ。

女人の面二つを見せ、その違いを皆から聞きながら安田氏の解説を交えて微妙な違いまでいろいろ発見させられた。何が違うのか実際のものを見てだなければ説明しにくいが、私が一番関心したのは同じ面でも角度によって表情が変わると言うことだ。
まず、二つの面は正面から見ると、ふくよかで朗らかな笑みを浮かべている面と、憂鬱で今にも泣きそうかと思う面だが(私の主観で)、この面を前者をA、後者をBとするとAの面を下向きに傾けると朗らかな笑いから人を嘲笑したような若干薄気味悪い感じになる。Bはと言うと少し傾けると泣き顔になる。しかし、もっと傾けると恨みつらみの顔になり「おっ!」となる。これは百聞は一見に如かずだから、もしライヴで見ることがあったらよくよく観察すると良い。その他にも般若の面でもそのような違いを見せてくれた。粗筋を先に知っておけば、聞き取りにくい謡いも面の動きからどの様な情景を演じているのか分かるだろう。

能で演じる「海女」の話の粗筋を聞いたが、何も古くない、今でも変わらない男女の関係、親子の情、そして人をだますことなどなど。悔しい思いや、無念のこと、親が子を思う情景など、無念の思いの表情など少し演じで見せてくれたがなるほどなるほどである。こうなると本当に能を見たくなった。私のブログでは全然その面白さを伝えきれないがいつか安田氏のワークショップを受けるチャンスがあったら受けられことをすすめる。

安田氏のワークショップはCLCA(NPO子供と生活文化協会)http://www.clca.jp/に問い合わせてみると良い。
posted by 水土の考現者 at 19:11 | TrackBack(0) | 雑記

2010年01月25日

農の会 みそ作り

IMG_3050.JPGIMG_3049.JPG

味噌作りを仕切る中原さん

 大豆の会の味噌作りに初めて参加。1週間前の麹づくりも楽しかったが今回の味噌作りも写真のように大きな釜で大豆をゆでる豪快なものだ。総勢50組近く、子供たちは小春日和の青空の下ブルーベリー農園を駆け回っている。そして大人たちは真剣に味噌作りだ。
こうゆう風景が実にいい。

それにしても中原さんの采配には敬服する。

早く食べてみたい!
posted by 水土の考現者 at 13:07 | TrackBack(0) | 雑記

2010年01月18日

味噌作り

 農の会主催の味噌づくりに始めて参加した。麹から作るのだから面白い。参加者は50組みぐらいらしいが、これ以上の参加は限界のようだ。確かに、野外でのお米の蒸かしの為のかまどが5台でフル稼働して1回の作業に2時間程度。4班に分けて作業すると確かにこれが限界だと言うことが分かる。責任者の中原さんの手配、段取りには頭が下がる。商売、イベントの為にやっている訳ではなく、自分の味噌を作る為に広く他の人にも味噌作りを伝授している。

 味噌作りは前からやってみたかったのだがゆとりがなかった。自然相手の物作りは自分の仕事の都合に合わせてくれないからどうしても躊躇してしまう。しかし、昨年から農業も生活の一部と決めたので、自給に最低限必要と思われることには万難を排して取り組むことにしている。
しかし、やってみるとやはり面白い。蒸されたお米に麹菌を入れると活発に活動し始める。20時間後、保温されたお米と麹はほのかに甘い香りを放ち、お米は白い粉がふき始める。さらに6時間後、温度は42度あたりまで上がりほぼ市販されている米麹のようになる。こうやって観察していると発酵食品は生き物だな〜とつくづく感じる。来週24日はいよいよ大豆の煮て仕込む訳だが、本当に楽しみだ。

 自給を目指しても収入が増える訳ではないが、確実に心が満たされた気持は増える。昔、自然農法の福岡正信は国民総自給を目指すよう提唱していたが、そんなのは非現実的と思っていた。しかし、今は、そうゆう方向を目指す事を考えることは必要だと思っている。こうゆう中途半端な言い方はまた福岡先生に怒られるだろうが・・・
posted by 水土の考現者 at 16:10 | TrackBack(0) | 雑記

2009年10月23日

タンドール、オーブン、飯炊き窯

IMG_2830.JPGIMG_2831.JPGIMG_2833.JPG

 三つの機能を持つ竈です。素材は塀に使われていた大谷石を使い上にドロプラクリームと言う私が開発した(特許取得)漆喰をクリーム状にしたものを塗りました。

 この竈は依頼者の原さん(西湘をあそぶ会)から、ネットで見た竈を作ってくれないかと頼まれたものです。原型は愛農かまどと言って、昭和初期のころ農村部に、効率が良く多機能のかまどとして作られたようです。それになんとタンドールをつけたものです。
これは偶然寸法を間違えて長く作ってしまったので、BBQように作ろうかと思ったのですが、同じく西湘をあそぶ会の塩谷さんがタンドールを作れないかと言ってきたので出来たものです。左端の写真の壺状のものは私が粘土をこねこねして作った力作です。わーい(嬉しい顔)そしてかまどに挿入、周りに断熱材を入れたところです。
最後はタンドールの内部の様子です。これでナンを焼いたり、チキンを焼く訳です。

 来月にこの竈を使ってイベントをするようです。楽しみ!

 これは人さまのものなので、自分たち仲間のかまどをまた別のところで作ってみたいな。いろいろ進化させて。

posted by 水土の考現者 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2009年10月07日

迷惑メールにやられていた

 気付いたらコメントの欄に一杯迷惑コメントが!・・・
コメントは承認を得てからのせることにしました。ご了解を

 
posted by 水土の考現者 at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2009年08月25日

柿渋つくりIN飯田

IMG_2558.JPGIMG_2545.JPGIMG_2544.JPG

 先週21日から23日まで信州飯田で、柿渋作りに行ってきました。『緑の学校』と言うところが主催していますが農作業から家づくり、ビオトープなど自給自足や半農・半Xを学ぶユニークな活働をしています。

そこで前からやってみたかった柿渋づくりを体験してきました。

 工程は、青柿の収穫(今回は干し柿用の市田柿)青柿をつぶす、水に(水道水はだめ)浸す。5,6日後に漬け込んだものを絞る。
熟成(1年〜3年)です。

 難しいことはなさそうですが、臭いのが欠点です。でも、木、紙、布などに染色し防腐、防水効果などエコな材料です。
posted by 水土の考現者 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2009年08月05日

ヨーグルトで洗浄

IMG_2470.JPGIMG_2467.JPGIMG_2469.JPG
最初のカップ          追試験の為のカップ              見事に洗浄

 日記はとても書けないので雑記にする。

さて知り合いのSさんから「えひめAI−2」の作り方を教わった。で、この頃はヨーグルトと納豆は常備品になったのだが、先日ヨーグルトドリンクを飲んだカップをそのまま1日置いてしまって、そのカップのそこにへばりついたヨーグルトを洗ってみるとカップのそこにこびりついた茶渋が取れている?!ような気がして、もう一度、今度はの洗っていないヨーグルトドリンクの容器に水を入れそれをよく振ってからカップの洗いに使ってみた。

なんと落ちるではないか!あの頑固な茶渋がです。

1日置いて少し臭いが出ていたが悪臭までにはなっていなかった。きっと乳酸発酵が進み洗浄に効果があったのではないだろうか。

pHをはかってみるとpH6ぐらいだった。オー弱酸性ビオレかなんてね、でもこれで洗剤が作れるかも、問題はどうやって発酵をおさえるかだな。

posted by 水土の考現者 at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記