2010年08月07日

水無月 27夜

IMG_3522.JPGIMG_3531.JPGIMG_3543.JPG

 今日は水無月(旧暦6月)27夜です。まだ旧暦では6月なのです。朝早く目が覚めたので、折角だから朝の月を撮りに田んぼに行きました。写真で見る以上に月は大きくクッキリと見えました。

 潮名は若潮です。田んぼは今中干しをしているところです。植物は夜に細胞分裂を起こすそうです。(北大と帯広畜産大の研究論文がある)このころ植物は根の成長へ向かうと言う説があり、これと夜に細胞分裂する話と符合すると私は思います。つまりこのころ月はは太陽の側にあり夜の引力は地に向かっていると考えればおのずと根の成長が促進されると考えるのは自然のように思います。

 元漁師が、新月に向かう頃中干しをする方が水抜けが良いと言っていました。水がなくなれば根は水を求めて下へ下へと根を伸ばすでしょう。引力の助けもあり、稲はがっちり根を張り次のステップである出穂に向けて準備万端整うでしょう。その後、月が満月に向かう時に水やりをすればよい穂がつくと考えました。、実験田んぼでは1枚、水を抜かないでいます。以上の仮説が成り立つのか、さてさて、結果はいかに。
posted by 水土の考現者 at 06:47 | TrackBack(0) | 月と農、森林、海
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40024592
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック