2010年06月30日

不思議なこと

 水管理には大変苦労をしていますが、昨日(6月29日)当たりから大分全体の水量が平均化してきました。何故なのか分かりません。

 もうひとつ大変感動的かつ不思議な現象ですが、昨日朝1番の苗の状況はとてもまだ心もとない状況で、一番早くに植えた苗は葉がだらんとしてこのまま萎えてしまうのではないかと思うぐらいでした。しかし、夕方に行くとピンと立っていました。たった半日で何が起こったのだろうと思います。今日の朝見てもやはりシャンとしています。ふしぎです。他の苗もしっかり根付いた感じがします。

2010年6月28日(月) 旧 5月17日(先負) 大潮(月齢 15.7)
満潮  4:52 174cm
干潮 12:07 20cm
満潮 18:53 170cm


2010年6月29日(火) 旧 5月18日(仏滅) 中潮(月齢 16.7)
干潮  0:15 102cm
満潮  5:29 173cm
干潮 12:39 26cm
満潮 19:22 168cm
http://shinsyuumaru.com/sio/2010/sio1006.htmlから)

大潮から中潮に変わったことなどが関係するのでしょうか、これからは新月に向かい、植物の成長は根に向かうようですからその分岐点だったのでしょうか。これからは分結の様子を観察してみることにします。

 写真が撮れなかったのは残念ですが、観察の記録だけは記しておきます。
posted by 水土の考現者 at 07:41 | TrackBack(0) | 田んぼや畑
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39345192
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック