2009年12月03日

欠ノ上の田んぼ

IMG_2932.JPGIMG_2933.JPGIMG_2931.JPG 
クリムソンクローバーの種         全景          菜花の種(青く見える小さな粒)
 

 月の田んぼが下曽我から久野欠ノ上に引っ越しします。こちらの田んぼ水田が4反、他栗と柿の林少しの畑地と素晴らしいところです。農の会の笹村さんが、小田原の里地里山再生事業のモデルの一つとして名乗りを上げたのが切っ掛けでした。最初は2反ぐらいの予定でしたが、良い意味で計画が変更になり4反まで拡大しました。月の田んぼの出来を見て私にやってみないかと声をかけてもらったのですが、大変うれしく思っています。

 そしてすでに、農の会から参加者を募集して数十名集まりました。初めての人もいますが、自給分のお米を作りたいと意気込んでいる人もいます。さまざまな立場の違いがありながら全体として一つとゆう、言いにくいが無理がない関係が出来ればと思っています。なんと言っても里地里山に囲まれた良い場所です。部分的に参加されたい方も大いに歓迎です。初めてのところで水の問題などいろいろ心配な点もあり、いささか緊張もしていますが、それ以上にワクワクしています。

 農法については笹村農法を継承し、月のリズムに従った方法ですが、 「月の農法」(仮称)を検証する為に実験計画も立てます。何より論より証拠からです。

 12月2日にクリムソンクローバーと言う赤い穂がきれいなクローバーと菜花の種を撒きました。この日は16夜です。夕方にはまん丸の大きなお月さんが出ていました。
3日は雨でした。種を撒いた後に雨、何か幸先よさそうです。
来年の春には黄色と赤色の絨毯が咲くでしょう。


 
posted by 水土の考現者 at 19:28 | TrackBack(0) | 田んぼや畑
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33994305
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック