2009年08月25日

柿渋つくりIN飯田

IMG_2558.JPGIMG_2545.JPGIMG_2544.JPG

 先週21日から23日まで信州飯田で、柿渋作りに行ってきました。『緑の学校』と言うところが主催していますが農作業から家づくり、ビオトープなど自給自足や半農・半Xを学ぶユニークな活働をしています。

そこで前からやってみたかった柿渋づくりを体験してきました。

 工程は、青柿の収穫(今回は干し柿用の市田柿)青柿をつぶす、水に(水道水はだめ)浸す。5,6日後に漬け込んだものを絞る。
熟成(1年〜3年)です。

 難しいことはなさそうですが、臭いのが欠点です。でも、木、紙、布などに染色し防腐、防水効果などエコな材料です。
posted by 水土の考現者 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31604404
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック