2009年07月03日

分結順調

IMG_2213.JPGIMG_2229.JPG IMG_2220.JPG

 分結は順調です。いつ中干しをするかがカギですが7月10日から15日の間と思っています。なぜかと言うと、新月に向かう時期は根に向かって生長点が行くということなので大潮過ぎてから下弦の月までに中干しをし、根がより強くはるようするためです。

 例えば月の暦で農作業する人は、移植は下弦から新月前が良いと言います。はたして自分もナス、トマトをその時に移植したがやはり根付きが良い。新月の木のことで京都大学の高部准教授と話していたら植物の細胞分裂は夜に起こると話してくれました。だとすると、新月側では昼側に月があるので夜は地面のほうに引っ張られると考えられないだろうか。だから、新月に向かって生長点は根の方に行くということは辻褄が合う(と強引に結びつける 笑)。図で示せば分かりやすいのですが・・・

 ちなみにインターネットを調べていたら、あった、細胞分裂が夜に起きているという論文が、「1998年度 日本植物生理学会年会講演要旨」北大、帯広畜産大
posted by 水土の考現者 at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 田んぼや畑
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30269474
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック