2011年06月30日

水質調査

IMG_0310.JPGIMG_0317.JPGIMG_0319.JPGIMG_0313.JPG

小田原市の箱根山腹から流れる久野川の水質調査をずっと続けているKさんに同行しました。調査範囲は船原地区上流部から海側800m付近までを5か所と今回特別枠で欠の上田んぼの入水口を含め6地点での観測を行いました。サンプリングした水はそのまま平塚にある神奈川県環境科学センターで自分たちで測定します。調査項目は、窒素、リン、pH、導電率、CODです。初めてのことなので分析の数値が意味すところがよく分かりませんでしたが、大まかに言えば、上流部ではきれいでしたが民家があり下水道が十分普及していない久野坊所あたりでやや汚れ気味で下流部に行くとまたきれいになるのがとても興味深かったこどです。

もう一つ興味深かったのは欠の上の田んぼ入水口の水です。上流部と同じぐらいきれいだったのですが、導電率が高かったことです。平塚の環境センターの方の話だと、導電率が高いのは有機質など不純物が多いと上がるのだそうです。

自分の勝手な推測ですが、水はきれいながらミネラルの豊富な水と言えないだろうかということです。以前無農薬で化学肥料入れず、わずかな鶏糞堆肥だけで反収8表を超えるのは、有機質の豊富な河川の流れ込みがあるからだろうと言われたことがあります。今回の結果が裏付けられた・・・と思うのは早合点でしょうかね。
posted by 水土の考現者 at 09:35 | TrackBack(0) | 水土考

2011年06月25日

苗箱「セルトレー」の片づけ

IMG_0302.JPG

田植えも終わってセルトレーの片づけがやっと今日終わった。やれやれです。

posted by 水土の考現者 at 18:20 | TrackBack(0) | 田んぼや畑

2011年06月23日

久しぶりの投稿

IMG_0288.JPG

もう、とっくに田植えは終わりました。しかし、新しいPCにしてやっと使い方がわかってきたので久しぶりにブログへUPです。

今年も水の管理に毎日苦労しています。なかなか思うように水が張れません。6枚の棚田が一本の水口で賄うのですから容易ではありません。水がたまらないときは結局カニが穴を開けたところから水漏れしていたりします。
今年は放射能という厄介なこともあり子供を持つ参加者は見合わせたりと大変です。

それでも専業農家のお茶の出荷制限に比べれば大したことはないと思ったりしますが、精神的にすがすがしくないこの気持ちはやり切れません。

それでもやり続けるしかない。
posted by 水土の考現者 at 18:06 | TrackBack(0) | 田んぼや畑