2010年09月28日

田んぼの様子

IMG_3670.JPGIMG_3672.JPGIMG_3671.JPG
倒れた稲                                  増水した久野川

 
 今日は久野川がかなり増水していました。田んぼは一部に稲が倒れているところがありました。原因はよくわかりませんが茎の部分が痛んでいる印象です。
虫でしょうか、病気でしょうか。誰かが動物の足跡を田んぼの際に発見したと報告がありましたから動物が倒した可能性もあります。

 真ん中の写真は最上部にある田んぼの水口で、なおかつ8月後半から朝晩日陰が多くなっているところです。なので、米は身を付けてはいるのですが青米のままです

まあ、最後まで何があるか分かりませんね。全地域で一番遅い稲刈りになるようです。





posted by 水土の考現者 at 19:34 | TrackBack(0) | 田んぼや畑

2010年09月21日

彼岸花が咲いた!

IMG_3665.JPGIMG_3655.JPGIMG_3653.JPG 

 日の出が5時40ごろです。随分遅くなりました。彼岸花もそれに合わせて咲くのでしょうか。気温だとゆう説もあるようです。ネットで調べると昨年は9月5日ごろ咲いたとゆう報告があり、また、今年は9月15日になってもまだ咲かないとありました。まあ今年はお彼岸に調度咲いて良かったですね。

 さて、彼岸花はいつ咲くのかでしょう。昨年は9月5日今年は9月20日、そこで昨年のカレンダーを見たら去年の9月5日は満月(月齢15.7)夜でした。そして今年21日開花確認日12.7夜でした。

 そうか!彼岸花は月に合わせて咲くんじゃないのか?これは新説です。過去の開花期を知れべてみたいです。

 ところで今年はお彼岸と仲秋の名月がほぼぴったり(22日が仲秋)とゆう年です。

 んー、今年の残暑を温暖化の所為にするけれどどうも季節のずれは月に運行にも関係するのではないだろうか。昨年は閏5月があり私の田植えも20日ほど遅かったのですが、今年の猛暑で例年通りの田植えをした所は稲刈り時に水を抜きたいのにあまりに暑く、稲刈りまでぎりぎりに水を入れていたとの報道がありました。

 どうも、太陽の運行と月のずれで天候変動があると考えた方が整合性あるように思えるのですが。
posted by 水土の考現者 at 07:17 | TrackBack(0) | 田んぼや畑

2010年09月19日

案山子が増えた!

IMG_3648.JPGIMG_3650.JPGIMG_3649.JPG
手前の人陰にオーラが・・・

 案山子が増えました。最初にOさんがかなりリアルな案山子を作ってきてくれました。右端の不敵な笑み、じゃないかおおらかな笑みですね。これはOさんのお嬢さんが美大で作った作品を拝借してきたそうです。雀に分かるかどうか分かりませんが・・・

 そして早朝に案山子を取りに行くと私の影にわずかながらオーラ―が輝いているような、違うか、朝日にあたるはげ頭か・・・

いずれにせよ今年は豊作のようです。しかし、間違いなくこの地域では私が一番最後の刈り取りをすることになります。もっともっと案山子を増やして雀の大群を寄せ付けないようにしなければなら名ですね。

posted by 水土の考現者 at 13:03 | TrackBack(0) | 田んぼや畑

2010年09月09日

40年ぶりの集中豪雨?

IMG_3646.JPGIMG_3645.JPGIMG_3643.JPG
岡本田んぼ             砂利が入水口をふさぐ      手前欠の上田んぼ

 昨日8日の小田原の豪雨は私の記憶では昭和46年以来です。何せ酒匂川が決壊寸前になったのですからすごいです。もし決壊していたら何千世帯にも被害をもたらしたかもしれません。そして、昭和46年の時は、私が高校へ行く途中での豪雨でしたから良く覚えています。

 小田急線の渋沢駅で立ち往生し叔父に迎えに来てもらってその帰り道、ラジオで最下流の酒匂橋が崩落したと報道がありびっくりして、その上流の飯泉橋をまだ渡らず川の濁流を見ていた叔父とわしは血相を変えて渡ったのを覚えています。

 そんな豪雨で、田んぼ畑もあちこちで被害がありました。欠の上でも私たちのすぐ上の田んぼ(写真右端)はかなり倒伏していました。しかし!岡本田んぼ(左端)も欠の上田んぼも倒伏ゼロでした。昨年から「中干しは新月前に行え」と言う私の自説は今年も証明されつつあるかもしれません。1,2年で結論づくるのは早いのですが今回も昨日は2日月で私は28夜から再度の中干しをしていたことがかなり功を奏したと思います。

posted by 水土の考現者 at 19:35 | TrackBack(0) | 田んぼや畑