2010年07月26日

7月26日 田んぼの様子

 相変わらず水管理は大変です。この2,3日安定して来たなと思ったら今日は水の供給が不足気味でした。原因を調べたら河川の水量が減っていました。ニュースではあちこちで豪雨の報道がありますが、この小田原は梅雨もどちらかと言えば空梅雨でした。梅雨が明けてからはほとんど雨らしい雨がありません。
畑ではスベリヒユが蔓延ってきました。このままだと水不足になるのか、小田原で水不足など経験した記憶がないのでどうなるか予想がつきません。

 しかし、田んぼをやっている以上水が来ない状況は、周りとの関係に良くない関係が出来ることが大いに予想出来ます。幸い、欠の上は河川から直接水が引け、下段の田んぼも今年は休耕してしまったのでそうゆう心配はありませんが、昔のことを思うと、水争いは地域社会の大問題だったに違いないと思います。

 農家の我慢強さ、忍耐力は現代のわれわれには想像出来ませんが、実家が農家の家内の父がシベリヤに8年も抑留されていて、「向こうの暮らしのが楽だった」という話は今でも耳に焼き付いています。田んぼを始めてみてシベリヤ抑留より大変な農家ってどんなものかと思いますが、水の心配などが現実見を帯びると義父の往っていたことは、並大抵の忍耐力ではないと分かってきたような気がします。

 日本の中山間地域は今も昔も変わりないのかどうなのか、地域差もあったでしょう。でもこれからの世界の食料供給状況を耳にする限りどんな場所でも農業の復活は必然ではないかと思います。
 食料がない時代を経験したことがない50代以下の我々には全く実感がわきませんが、田んぼをやっていると想像が出来るようにはなってきたように思います。供給過剰など夢物語の時代がもうそこに来ているのかもしれません。
 
posted by 水土の考現者 at 07:59 | TrackBack(0) | 田んぼや畑