2010年01月27日

農ではなく能の話

 今日、成り行きで能のレクチャーを受けることになった。自分の娘が中学生のころ能を学んでいて能楽堂で演じることがあり、それ以来能は身近とは言わないが別世界のものでもなくなった。しかし、まだまだ能の奥深さや面白さまでは至っていない。
 今日は能のワキ方である安田登氏の能の歴史と能の動きについてのレクチャーだったが、その分かりやすい説明に、より能の面白さが分かった。その中で一番面白かったのが能面の表情についてだ。

女人の面二つを見せ、その違いを皆から聞きながら安田氏の解説を交えて微妙な違いまでいろいろ発見させられた。何が違うのか実際のものを見てだなければ説明しにくいが、私が一番関心したのは同じ面でも角度によって表情が変わると言うことだ。
まず、二つの面は正面から見ると、ふくよかで朗らかな笑みを浮かべている面と、憂鬱で今にも泣きそうかと思う面だが(私の主観で)、この面を前者をA、後者をBとするとAの面を下向きに傾けると朗らかな笑いから人を嘲笑したような若干薄気味悪い感じになる。Bはと言うと少し傾けると泣き顔になる。しかし、もっと傾けると恨みつらみの顔になり「おっ!」となる。これは百聞は一見に如かずだから、もしライヴで見ることがあったらよくよく観察すると良い。その他にも般若の面でもそのような違いを見せてくれた。粗筋を先に知っておけば、聞き取りにくい謡いも面の動きからどの様な情景を演じているのか分かるだろう。

能で演じる「海女」の話の粗筋を聞いたが、何も古くない、今でも変わらない男女の関係、親子の情、そして人をだますことなどなど。悔しい思いや、無念のこと、親が子を思う情景など、無念の思いの表情など少し演じで見せてくれたがなるほどなるほどである。こうなると本当に能を見たくなった。私のブログでは全然その面白さを伝えきれないがいつか安田氏のワークショップを受けるチャンスがあったら受けられことをすすめる。

安田氏のワークショップはCLCA(NPO子供と生活文化協会)http://www.clca.jp/に問い合わせてみると良い。
posted by 水土の考現者 at 19:11 | TrackBack(0) | 雑記