2010年01月03日

今年の抱負

 昨年「農的暮らしの住まい」と言うことで提案を行ったが実際の計画は進まなかった。相談はあったが、建築コストの見積もりでは要望の増加と予算が合わず計画が流れてしまった。やはり農業を本格的に暮らしの中に取り込む人は資金が潤沢ではないことが大きなネックだ。

 まずは農地を確保するのがやっとで住宅の手当てなどとても及ばない。結果は借家で我慢するしかないのが現状だ。考えてみれば農地に隣接するところに住居を建てられるのは農業資格を持つ人たちでなければ無理だし、建てられる条件がそろっていれば農家にとっては不動産資産になるので普通の住宅開発になってしまい、結果安くは手に入らない事になる。

 結局建築コスト以上に農地付住宅を取得するには不動産価値のない中山間地域でなおかつ限界集落でなければ容易ではない。
でもそれでは若い世帯が最低限の生活を確保するのも難しい。そんなところを過去にいくつも見てきた自分としてはそこに明るい展望など見出せない。

それでもなんとか「農的暮らしの住まい」のテーマを現実のものに実現させたいと思う。

今年の抱負

 まず、「何故、どうして」という分析は最近の農山村地域問題に関する論文には秀逸なものが多くみられるようだ。私の息子の卒論が農山村地域の問題と将来展望をテーマにしたので、一緒に勉強することが出来、今後の農的暮らしの住まいの展望を開く参考になった。

 言えることは地域ごとに条件が違い解決方法も様々であること、制度が問題であることもあるが制度の壁を超える工夫によって新しい展開を開くことも出来ると言うことだ。
 
 問題解決の糸口として、やはり個別対応は無理なのでコーポラティヴハウスの手法での対応を模索する1年としたい。小田原地域でも農地隣接地域に住宅開発の手が伸びているが思うように売れていないのも事実だ。農村地域にこれ以上既存ハウスメーカの住宅コンセプトを必要としない。しかし、それには土地の開発行為から始めないと思うようにはならないだとすると現時点では共同で土地を購入したてるしかない。しかし、前にも言ったようにお金のない人たちだけではそもそもが始まらない。なのでこれから勉強しなければならないのは、投資家を募って出資してもらうことだ。

ちょっと時間がなくなった。この続きはまたにする。 
posted by 水土の考現者 at 14:45 | TrackBack(0) | 農的暮らしの住まい